2013年03月28日

ガーデンに北きつね

 すっかり ご常連の北きつねさん。おまえも無事越冬したかいっ いつもはイタズラされるので害獣としてしか見られないけど この雪解け時期に来ると この冬を一緒に乗り越えた同士のような気持ちになれて、
親近感が勝手にわいて、なんてわがままな人間の私だ

kitune .JPG



posted by ぽっぽ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

湧別の父親に抱きかかえられて助かった女の子が退院

 今日はうれしい出来事がいっぱいで嬉しいです! 3月2日の暴風雪で一晩父親に抱きかかえられて助かった8歳の女の子。凍傷で入院してたけど今日退院できたそうですね。さらに全国からこの女の子に300通を超える励ましのたよりが寄せられたそうで。これにも感動しました!日本人はいい人が一杯いるな〜って
 なんだか全国のみなさん有難うって 感じ!

AA200_L.jpg




posted by ぽっぽ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満月と共に御目出度い新しい命の誕生!

 いつも大変お世話になっている 北軽井沢のブルーベリーユースゲストハウスに 目出度く男の子ちゃんが誕生しました! 超うれしか〜
 かつて産婦人科に勤めていた頃は満月となると 1日に14人くらいは新しい命が誕生していました。
夜勤の看護師さん達のおつかれ度が断然ちがっていました。私もミルクを作って飲ませたり、おしめを交換したり大忙しでした。本当に良かった なんて今宵は目出度いんだろう! 奥様(ともちゃん)のお回復と赤ちゃんの健やかな成長を祈ります!

moon2.JPG
 おぼろ月と前富良野岳も誕生を祝ってます!



posted by ぽっぽ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田 圭佑氏の生き方

 テレビで見ました。プロフェッショナル仕事の流儀。心に染み入ることばかりでした。試練の時、うまく行かない時ほど前向き。ケガはチャンス。自分の事は好きか?自分を大好きでいることは大事。いつ死ぬか分からない一度の人生をいかに生きるか。負と思われることでも違う角度から見るとポジティブになれる。大事なのは自分が成長出来ること。自分を信じることは希望。今はケガのリハビリ中で自分の思っている状況では無いけど 分かってるけど まだ 信じている自分がいる。等々 感動して一杯メモ取りました。有難う本田さん。 ファンになっちゃいました。

sky _L.jpg




posted by ぽっぽ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

家族を津波で失い一人助かった98歳の女性が

「私だけ助かってしまった もう死にたい」って言ってる人に
、当時私は、介護ヘルパーの資格取得のため学校に通っていたので、
介護のプロに私は質問しました。その98歳の女性に介護士として
一体どのような声をかけるのですか?と、先生は言いました。
とにかく話を聞いて「 うん うん 絶対意味があるんだからね・・・」
 クラスメイト達とも 話合いました。私が98歳で同じ立場だったら同じことを
思うよね〜
私達はその人の気持ちに寄り添うことだよね

 あれから2年たってもっと冷静に考えると その女性に役割を与えて
やることかな 家族の供養をしてやるのは誰? あなたしかいないよ〜
 以上
ふと想い出しました。
posted by ぽっぽ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私にとっての3.11の奇跡

 ここ2日間は雪が大量に降りました。この冬一番でした。外は暴風雪だったので一歩も出ないで確定申告をやっていました。今朝は「へそ」まで積もっていました。こういう時に頭に浮かぶ言葉は、「避けられないべや 乗り越えるしか」という松山千春がラジオで言ってた言葉。北海道人らしい自然を受け入れる言葉だな〜と思っています。覚悟を決めて素手で雪投げをしていると、ブルドーザーがやって来てうちの入り口の除雪をしてくれているではないですか!こんな事有り得ない事です。夢かと思いました。「どちら様ですか」と尋ねると 道からの委託で土手の老木の始末に来ている業者さんでした。「地域のボランティア活動もしています」と言われ、哀れに思ってくださったみたいで、車が出るように除雪をしてくれました。信じられませんでした。この時期の雪は水分を含んでいてかなり重たい雪ですから、腰のわるい私にとってはかなりの負担。
 感謝の気持ちで一杯です!本当に有難うございます。助けてもらったな〜         お陰さまで
ウォーキングする元気があって、日課のノルディックポールを使って30分ほど歩きました。地吹雪が起こりますが、後ろを向いて背中で受ければ目も開けられる。前へ進むこことが出来る! 無理して前を向いて苦しむより「クルっ」と回転して視点を替えれば、こんなに楽に進むことだって出来る!なんか人生訓になるな〜って考えながらいつも歩いているのに、今日3.11という日をしみじみ感じながら。必ず人間は死ぬ。ということを自覚して どう生きて行きたいのか、自分に問うのでした。私もだれかを助けてやれる人でいよう。
 本当にありがとうございました。
posted by ぽっぽ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

明日は我が身と思った。暴風雪で9名が天国へ

 謹んでご冥福をお祈り致します。
ぶっちゃけ私は毎年のように、暴風雪で車が進めなくなり、車は置いて歩いて自宅まで帰っています。
今回の災害で、明日は我が身と思いましたが、普通は車の中で一夜を明かすなんて考えられず、自宅まで歩けば何とかなると思ってしまいます。
 しかしながら今回の事で車の中にいた方が助かったかもしれない。いやたとえ毛布もカイロも無くても
助かる確率が高いんだと思いました。冬季は車の中にスコップは必ず入れてますが、毛布、カイロ、までは備えていませんね。一酸化炭素中毒に関しても4名の母親は知識が無かったのか、パニックで忘れていたのか、本当に悔しい出来事です。自動車教習所を始め、レンタカー屋など 北海道でのドライバーに広く周知して欲しい事件でした。kikyuu 201302 .JPG

 次の日は とても穏やかな春を思わせる お天気で
災害は忘れた頃にやって来ると言いますが、3.11からも2年で、改めて人間の弱さを知る日々でした。hare fuyu yama 130304.JPG



posted by ぽっぽ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。