2010年02月04日

今年初のハイタカ目撃

 今朝は、20度でした。占冠(しむかっぷ)では、34、4度!
シバレルね〜 

2月4日11時05分 今年初のハイタカがデッキに留まりました。一瞬でカメラは向ける間はなかったですが、極寒の中、生きていたのかと思うと、うれしくなってしまいます。準絶滅危惧種なんです!


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハイタカ(鷂、Accipiter nisus)は、タカ目タカ科オオタカ属に分類される猛禽類。オオタカ属の模式種。

【分布】
ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布している。 日本では、多くは本州以北に留
鳥として分布しているが、一部は冬期に暖地に移動する。

【形態】
全長はオス約32cm、メス約39cm。オスは背面が灰色で、腹面には栗褐色の横じまがある。メスは背面が灰褐色で、腹面の横じまが細かい。 元来ハイタカとは、ハイタカのメスのことを指す名前であった。メスとは体色が異なるオスはコノリと呼ばれた。

【生態】
低地から亜高山帯にかけての森林や都市部に生息する。樹上に木の枝を束ねたお椀状の巣を作る。

食性は動物食で、鳥類や昆虫類などを空中または地上で捕食する。

繁殖形態は卵生で、1回に4-5個の卵を産む。

 
【人間との関係】
オオタカと共に鷹狩に用いられた。


この記事へのコメント
人間は、知恵はあるが弱い生き物です。そして知恵に溺れて人の道を踏み外す。愚かです。自然界に自然のまま生きているものたちは、皆、素敵です。
Posted by 蕭蕭 at 2010年02月05日 07:47
しょうしょうさん コメントありがとうございます。

 本当ですねー!ストーブないと生きて行けない!水道から水がでないと生きて行けない!

 北きつねの足跡を窓から見つけると、よく生きてるな〜自分も生き延びよ〜って、思っちゃいます。
Posted by poppo at 2010年02月05日 09:40
やって来た「ハイタカ」さん、歩゜風里さんのデッキが、お気に入りなのかな?

生き物たちの息吹を感じること、これも富良野に住んでの楽しみになりそうですね〜☆

来週、「ハイタカ」さん、舞い降りてくれないかなぁ・・・
Posted by naokoppe at 2010年02月05日 23:33
naokoppe さん コメントありがとうございます。

 そうですね〜運良く舞い降りて来てくれるといいな〜 野鳥に詳しい方の話によると、そう簡単に会える鳥じゃないです。との事。

 来週たのしみにお待ち致しております!
Posted by ぽっぽ at 2010年02月06日 08:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。