2010年02月11日

ノルディックウォーキングとは?

○ノルディックウォーキングとは?

「ノルディック」といえば、多くの人がクロスカントリースキーを連想すると思います。同じノルディックでも雪のない中でやる「ノルディック・ウォーキング」
スキーのストックに似た専用のポールを両手に持ち、そのポールで地面をつきながら歩く。1930年初め頃から、スキー王国のフィンランドではクロスカントリースキーの選手が夏場のトレーニングとして取り入れてきた。そのフィンランドで、広く一般国民にも広めようと、96年から具体的な身体効果について科学的なデータを収集し、97年、ノルディック・ウォーキングが正式に誕生した。現在、フィンランドでは総人口の16%がノルディックウォーキングを生活に取り入れている。と言われるほどの人気ぶり。

 普通のウォーキングに比べ、心拍数と摂取呼吸量が増加し、エネルギー消費量は20%も上昇することがわかっている。さらに、ポールをついて歩くため、常に三点支持となり、足腰の負担は軽減される。つまり、普通のウォーキングに比べて運動としての強度は高いのに、身体は楽。なんともお得感のある魅力的なスポーツなのだ。日本には99年ごろから紹介され始めた。今年1月仙台に国際ノルディックウォーキング協会(INWA)公認の日本ノルディックフィットネス協会が設立、国内でノルディックウォーキングを楽しむ団体などの連携も進んでいる。「フィットネス効果が高いだけでなく、家族や友人とおしゃべりしながら歩けるので、人とのコミュニケーションがとれるのも魅力。


○北海道の観光は、移動距離が長いです。「運転して食べて」のくり返し。「見たい食べたい」それはそれでいいのですが、私としては、さらに一歩進んだ旅のご提案をしたい。日常では、なかなか体験できないこと。車を降りて田んぼのあぜ道の植物をのぞいてみるなんていかがでしょうか?

 「歩くこと」は、脳の活性化、ストレス解消、体脂肪の燃焼、筋肉の増強など健康にいいことは、化学的に実証済みですね。新しい旅のスタイルで今まで見えなかった何かが見つかるかもしれませんよ。

 運動不足が気になりがちの冬ですが北海道が最も美しいのは、『冬』です。きらめく雪を体感してみてはいかかでしょうか?雪にも色々種類があるってご存知でしたか?

 
○ノルディック・ウォーキングのすすめ
 ポールを両手に持って歩きます。4本足になるので、転倒も防げます。両手を使うのでエクササイズにもなるし、膝や腰の負担も軽くなります。季節を問わず楽しめます。今ブレーク中!ポールは歩゚風里で無料でお貸しします。
 


【関連する記事】
posted by ぽっぽ at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ノルディックウォーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神戸からこんにちわ☆
ノルディック・ウォーキングはジムでPRされてます。
最近、週に3回はフィットネスでマシーンのクロスカントリーを30分やっています♪
ものすごく代謝が上がってるのが分かるんですよ〜だからノルディック・ウォーキングもすごく有酸素運動になるんだな〜って思ってたのですよ。今度、ぽっぽさんと一緒にやりたいな〜^^
Posted by aki at 2010年02月14日 16:55
akiさん コメントありがとうございます。

そうなんですよ!一度はまると、ポールなしで歩くなんて、もったいないっ!って思っちゃうんですよ! ぜひakiさん ご一緒しましょう!

Posted by ぽっぽ at 2010年02月14日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。