2010年03月15日

小さな春

SF088_L.jpg

 歩゚風里の横を流れる川は「ヌッカクシ川」といいます。
平原を横切るという意味の、アイヌ語です。十勝岳から流れてくるので、硫黄成分を含んでおり、魚はいないと聞いています。でも マガモをよく見かけます。何を食べているのかな〜 藻 かな〜

 ちなみに富良野は、アイヌ語で、「フラヌイ」硫黄の匂いのする。
と言う意味です。十勝岳に登る以外は、硫黄の匂いはしませんね〜
温泉は、各町にあります。

 土手に小さな春を見つけました。2月には、ふくらんでいました。

「ねこやなぎ」って、さわると気持ちいいですね。毛皮?が素敵。 


posted by ぽっぽ at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの雪は2日前の南風でほとんど消えました。春は心がうきうきして良い季節ですね。
Posted by みつぐ at 2010年03月17日 11:36
みつぐさん こんにちは。

たしか 北陸でしたよね。

富良野は、17日も 大雪。またまた 冬眠しちゃいました。

 うきうきより ウトウトしています。
Posted by ぽっぽ at 2010年03月17日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。