2010年11月14日

海外旅行初の一人旅

 本当に行けるのか、自分でも分からないまま、出発の9日前に飛行機をとりました。
仕事をしていると、忙しくて、事前に色々調べる時間もなく、時が過ぎ、それでも思い切って、【10周年記念】儲かってもないのに・・・かなり無理しての決心でした。

 友達S子さんから「あんた苦労しに行くようなもんやね」と。 
ほんと、その通り、私の英語力はThis is a pen 程度。まさか北海道に住めるなんて、まさかペンションするなんて、まさか外国人が泊まりに来るなんて・・・
。まさかの(7年前)りこん・・・波瀾万丈。まさか、まさかの人生の連続。

 歩゚風里は何故だか、香港のお客様が多く来てくださいます。彼らはもちろん英語です。ペラペラ話されたって、全然聴き取れません。でも唯一「漢字」を紙に書くと通じるんです。
 筆談!これが以外とおもしろくて、普通のペンションオーナーだったら、英語くらい話せて当然だと思うのですが、私は「英語は人生に必要ない」とタカをくくっていた為、英語=睡眠時間。

 後悔先に立たずとは、この事です。

逆に言えば楽しい筆談ができるので香港の方がクチコミで訪れるようになってくれて、英語を話せないおかげで、お客様が増えたとも言える。なんとも複雑な気持ちです。

ダメなのは、英語だけではありません。私は有名な方向音痴。地図と実物が何故か一致しないんです。他にもパソコン音痴。挙げればキリが無いのでこれくらいに・・・

 どうせ行くなら今年中が運勢がいいから・・・という理由もあって HISで申込ました。

行き先ですが、
中富良野はラベンダーの街として有名ですが、ファーム富田さんの資料館で、ラベンダーは南フランスが原産だと知り、いつか行ってみたいなぁ〜と、思っていました。ラベンダーの最盛期は、こちらと同じ7月です。この時期に行くことは不可能ですが、それでも分かっていても、行きたかった。

                                          つづく




 

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。