2010年12月12日

パリ・リヨン駅にて 初のTGVに乗る

 パリのリヨン駅に到着し、やっと旅の本命「南フランス」へ出発できる。
ちょうどお昼の時間だったので、何か食べ物ないかな〜 廻りを見ると、みんなが買ってそうなのは、「フランスパンのサンドイッチ」
101102Lyon04.jpg
ものめずらしいので、買って食べてみる。
「堅っ」歯槽膿漏の人は無理。
しかも中の野菜は、しおれている。はっきり言って「まずい」こんなの年寄りや子供は無理だよ。日本じゃ「売れないよ」しかしながら 何故か飛ぶように売れている・・・

101102parisLyon03.jpg

 HISでTGVのチケットは発行してもらうが、券売機らしきものに、何か入力するのか、どうしたらいいのか、さっぱり分からない。改札らしき所もない。ウロウロして他の人がどうするか、観察していたら、何となく、黄色の日時印刷機にチケットを入れるらしい。なんだ〜教えてよ〜
 (帰国後ガイドブックを読んだら、そのように書いてあったりする・・・)

 それはそうと、リヨン駅に着いてから列車の時刻表 電光掲示板を見るが、何番乗り場なのか、表示がない。出発時間がせまっているのに、乗り場の番号が【出ない】マジ!? 
新幹線やろっ!?フランスが誇るって ガイドブックに書いてあったやろー

そんなの考えられない。不安で駅員に聞いたら、「ここ」みたいなゼスチャー。
 外国は時間がルーズと聞いていたが、13:15分発だけど、列車は来ない。

 ストはよく起こすくせに、困ると思わないの?文句言う人いないのかよ〜 【日本はいい国だ〜】
そんなこんなで、列車がホームに入って来てから、電光掲示に乗り場【D】が点灯。ホームに急いで出て走る走る。他の乗客みんなも「はぁ〜やっと来た」みたいな感じで、おお急ぎで自分が乗る列車番号まで急いでいる。

 ホームに並ぶことが出来ないって、何て不便。これも年寄り、子供に過酷だよな〜 まっいっかー 何とか乗れてよかった。第二関門突破!15分遅れだった。

 これが外国というものか〜としみじみ実感。
話は聞いていたけど、私は旅だけど、これがビジネスで商談の時間に遅れて、よく成り立つものだね〜と。いいね〜そう言うもんで、信用という観念が無いの?・・・

 この「ゆるさ」加減。 うらやましい気もするけど、日本人は凄いきっちりしていて、それが当たり前で。【日本人はえらい】信用できる。【日本はなんていい国だ】



 


この記事へのコメント
ぽっぽさん、こんにちは!
ガール・リヨンは、私にとってパリへの入り口で、一番利用している駅かもしれません。電車に乗る前に、印字しなくちゃいけないの、よく気づきましたね〜。えらいなぁ。私は3ヶ月ほど気づかずに、同じ切符で乗降り出来てしまっていました(笑)だれも教えてくれないんだもん。なんでこれで成り立つのか、ずっ〜と疑問でした。
ストへの文句言う人はいるみたいですよ。しょっちゅう起こるストに腹をたて、駅員を殴った事件も聞いたことがあります。ま、殴られてもしょうがない気もします(笑)
Posted by まる at 2010年12月21日 03:46
おお〜マルちゃん!ボンソワール!

その節は、フランスでお世話になりました!
次の写真でやっと まるちゃんが登場です!
年末でバタバタしていて、アップが遅れてごめんなさい。

 パリ・リヨン駅じゃないですね!
ガール・リヨン駅が正解ですね!
ありがとうございます。

 ヨーロッパは大寒波とニュースで流れています。大丈夫ですか?

Posted by ぽっぽ at 2010年12月22日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。