2011年02月08日

映画「ジーン・ワルツ」見ました。

 映画クラブに所属している友人の勧めで、なんとなく見てしまった映画「ジーン・ワルツ」ジーンは遺伝子の意味ですが、予告編だけを見たら、全然、興味がない私でしたが、

 見て良かった!こんなに感動するとは、

最近、人の命とは・・・と考えることがあり、よけい心に入ってきました。
自分はこうして生まれて来たのだ。と

FH029_L.jpg

 人間の根本を見直した。 光を見て行こう。 人が生まれるという事は希望なんだ。

ふて腐れる人 命を粗末にする人は、この映画は強制的に見せたい!

日本人全員に見せたい映画です。若い人、年配の人に限らず。

 見るべき映画に出会えた! たまたま期待しないで見ただけなのに、友人に感謝します!




posted by ぽっぽ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。