この記事へのコメント
あっ!
ぽっぽさんもお月さま見ていたんですね〜。
私も昨日、フランス・サボア地方のスキー場から見ていました。こんなに遠いのに、同じまんまるなお月さまなんですね。当たり前だけど。妙に感慨深く感じます。

今日もウサギがちゃんともちついてるなぁと確認しました。
ピアフは思い浮かばなかったなぁ。
Posted by まる at 2011年02月20日 02:10
ボンジュール まるちゃん!

愛の国フランスから、メッセージありがとうございます。住んでいて、愛の国だな〜と思うことがありますか?

 外国は、うさぎ、でなく、「カニ」に例えられると聞いたことがあります。おフランス人も うさぎですか?

 フランス人だったんですよねーエディット・ピアフと愛の賛歌のドラマを知り、美輪明宏さんが歌う姿に感動して涙が・・・
Posted by ぽっぽ at 2011年02月20日 15:15
こんにちは!

お月さま、カニとは初耳。
フランス人ではないですが、チーズで出来ているっていうのは聞いたことがあります。
フランスではどうなんでしょう…特に何も言ってなかったですね。

エディット・ピアフ、こちらへ来てから初めて、本人が歌っている映像を目にしました。それまで、特に彼女の歌声や曲がいいと思ったことはなかったのですが(歌詞は知らなかった)、とっても感情的に、気持ちを全身で表して歌う姿を見て、なぜこんなにも有名になったのかがよく分かりました。

歌う姿が印象的で、生立ちや歌詞を調べました。私が知っていた愛の賛歌の歌詞は、美輪さんのものとは違って、原詩ともだいぶ違うものです。
彼女の人生を知って、原詩の歌詞を知ると、ドラマを感じますよね。
Posted by まる at 2011年02月20日 19:22
人によって、愛の賛歌も歌詞が違うみたいですね。
美輪さんのは、迫力があります。

一部聞いただけですが、
あなたが望むならこのブロンドの髪だって染めるわ
あなたが望むなら祖国も捨て友だってうらぎるわ

テレビで聞いただけで、鳥肌立って、感動したのは、
美輪さんと 美空ひばり 


パリの5, rue Crespin du Gast, 75011にエディット・ピアフ博物館あるみたいね。

フランスのサボア地方って どの当たりですか
Posted by ぽっぽ at 2011年02月20日 20:26
私が行ったところは、ニース・マルセイユ辺りの北です。イタリアも、ドイツも近いはずです。
ニースと言えば海、というイメージなのに、ちょっと北なだけで、スキーするような山があるんだなと意外に思いました。ちょっとって言っても100キロくらいはあるんでしょうけど。

ベルビルのピアフの生家の近くには行ったことがあります。博物館もあるんですね。
Posted by まる at 2011年02月21日 00:20
まるちゃん ありがとうございます。

 地図で探すけれども 私のガイドブックには、載ってないみたいで、本を開くと又、行きたくなっちゃいます。

 ピアフは、イブ・モンタンを育て見いだし、「枯葉よ」を大ヒットさせたんですねー ほんと フランスの有名人の事も何も知らないんです。(ラベンダーの里ということ以外)

 もうすぐ「芸術は爆発だ」で有名な?岡本太郎さんの物語があって、フランスとかかわりがあるみたいで楽しみです。美輪さんがピアフの歌「水に流して」を歌うみたいです。

 マルセイユのブイヤベース、もう一度食べたい! 
Posted by ぽっぽ at 2011年02月21日 11:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。