2010年03月31日

4羽のシジュウカラ

 いつも すずめに、追いやられ可哀想な シジュウカラですが、なんと6羽で 餌台に来ていました。4羽しか撮れませんでしたが、美しいさえずりに癒されます。

4wanosijyuukara 01.jpg

2010年03月18日

3月15日飛来

 3月15日11時頃 テラスでハイタカ目撃。

生きていてよかったー 写真は、撮る間もなく飛んでゆきました。

EC033_L.jpg

 佐渡の朱鷺が、9羽も襲われるなんて、本当にくやしい。
さだまさしの唄に、ニッポニアニッポン という歌があります。
とてもせつなくなる歌です。でもいい歌です。ぜひ聞いてみてください。
トキ(朱鷺、鴇、鵇、学名:Nipponia nippon )学名がニッポニアニッポン。だなんて、すごくいいよね。

2010年02月04日

今年初のハイタカ目撃

 今朝は、20度でした。占冠(しむかっぷ)では、34、4度!
シバレルね〜 

2月4日11時05分 今年初のハイタカがデッキに留まりました。一瞬でカメラは向ける間はなかったですが、極寒の中、生きていたのかと思うと、うれしくなってしまいます。準絶滅危惧種なんです!


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハイタカ(鷂、Accipiter nisus)は、タカ目タカ科オオタカ属に分類される猛禽類。オオタカ属の模式種。

【分布】
ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布している。 日本では、多くは本州以北に留
鳥として分布しているが、一部は冬期に暖地に移動する。

【形態】
全長はオス約32cm、メス約39cm。オスは背面が灰色で、腹面には栗褐色の横じまがある。メスは背面が灰褐色で、腹面の横じまが細かい。 元来ハイタカとは、ハイタカのメスのことを指す名前であった。メスとは体色が異なるオスはコノリと呼ばれた。

【生態】
低地から亜高山帯にかけての森林や都市部に生息する。樹上に木の枝を束ねたお椀状の巣を作る。

食性は動物食で、鳥類や昆虫類などを空中または地上で捕食する。

繁殖形態は卵生で、1回に4-5個の卵を産む。

 
【人間との関係】
オオタカと共に鷹狩に用いられた。

2010年01月18日

野鳥好き

 またまた行って参りました!
nabu.jpg

 巣箱は、全部で100個以上あるそうです!これは、室内、足付き!

subako02.jpg

 クルミを切って、それをボンドで貼り付けておかないと、全部持って行かれてしまうそうです。すごいっ どうやって 切ると?
kurumi01.jpg

 4時過ぎると、モモンガが巣箱から出てきてくれるそうなので、モモンガ待ちをしていましたが、今回は、出ませんでしたー また来てって事で! マイナス20、30度でも野生で生きている彼らは、凄いな〜って思います。人間は、家、服、ストーブ、お金ないと食べもの買えない・・・

2010年01月17日

12月14日ハイタカ 来歩゚

2009年12月14日午後1時半頃 

すずめの餌台をねらって、飛来。室内から撮影。

haitaka04.jpg

2010年01月15日

めっけ!

 美瑛のケンとメリーの木の近くにある、「ナブの家」喫茶&バードハウスの店に。行って参りました!
nabu002.jpg

 初めて行きました〜小鳥の家が沢山 窓辺に寄ってきてくれます。
100115001.jpg

 リンデンティー(菩提樹)やさしい自然の味、とホットサンド
nabu003.jpg

 なんと赤ゲラ(きつつき)がやって来ました。
nabu004jpg.jpg

 お茶しながら、小鳥たちに会えて、他にも、モモンガ、えぞリス、
クロテン、すごく すごく 感動しましたー 2テーブルくらいの小さな喫茶店ですので、大人数で行くのは、おすすめしませんね〜。オーナーさんすごくいい方、奥様もやさしいし、 誰にも教えたくないな〜

2009年12月16日

シジュウカラ ちゃん おいで!

 シバレルねぇ〜 やっぱ 寒い という表現では、なく

「いやぁ〜 それにしても シバレルねぇ〜」が 挨拶。

ノルディックウォーキングしていても、顔が凍りつく、ので、ずーと、後ろ向きに歩いてます! おかげて、脳にいいみたい?! 昔とった杵柄のバレー部でもやっていた、クロスステップも やりながら、北風に立ち向かってます! 

 今日は、うちの えさ台の紹介です。

radoo.jpg

 今までは、パック入りのラードしか売ってなかったのですが、手にべとついて、大変だったので、チューブタイプのラードをみつけて、これにしています。手が汚れず、楽です!2週間は、持つかな〜 網に入れて つつきやすいように、してあげます。固定してないと、北きつねに持って行かれた事があるので、針金で、ギュッとしてます。

 シジュウカラは、すずめに 追いやられ、いつもえさ台から追い出され、なんか可哀想なので、応援したくなります。最近は、1羽でなく、2羽で すずめに立ち向かっているようです! 【シーちゃん負けるな】 

2009年12月09日

庭に鷹がやって来た!

 12月9日午後1時ごろ 鳥のえさ台の近くを見ると、はと くらいの大きさの鳥が、留まっていました。

 やまばとかな?と思って、見ていたら なんか違うので、部屋の中から、望遠鏡で覗くと、腹の部分が黒の縞柄、くちばし、足は黄色、顔は、見るからに 鷹 。ハヤブサがいるのは知っていましたが、・・・

 鳥のえさ台をねらって すずめや シジュウカラが よく来るので、それをねらっている様子でした。

 すごく気になって、富良野市博物館の方に尋ねてみると、アリサワ先生という方、東大演習林のマツイさん という方に 聞いてみたら、すぐわかるよと 教えてくださいました。 さっそく電話してみると、

 ハヤブサは、冬は無理、ハイタカか オオタカでしょうねー
とのこと、話をすすめて 行くと 【ハイタカ】でしょう。と
言われました。目の上が黒いらしいですが、それは、見逃したので、
 また今度やってきたら 観察してみようと思います。

アリサワ先生のお話によると、ここ10年タカ類が増えたそうです!
とっても いい傾向ですね〜 とおっしゃって ありました。

シジュウカラは、豚のアブラのラードで寄ってきます。
DY129_L.jpg

すずめが一時期減ったのですが、最近は、多くて、30羽くらい数えた時があります。
DY136_L.jpg

ハイタカの写真まだです〜 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。