2011年03月02日

今年の富良野岳夕陽のショータイム

bara 037.jpg


 春の暮れ 薔薇色に燃ゆ 富良野岳


                    かおり



やっと やっと 春のきざし 冬を乗り越えた者に 神様からの 夕陽のショータイム。

4月は、もっと 美しい 
posted by ぽっぽ at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 十勝岳連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

夕陽のショータイム

○アルプスの少女ハイジ 「おしえて」

作詞 岸田衿子
作曲 渡辺岳夫

 口笛は なぜ 遠くまで聞こえるの
あの雲は なぜ わたしを待ってるの

※おしえておじいさん  おしえておじいさん 
おしえてアルムのモミの木よ


 雪の山 なぜ ばら色に染まるの
あの風は どこに かくれているの

※ くり返し


 眠るとき なぜ 星はそっと見ているの
わらの中 なぜ いつもあったかいの

※ くり返し

 小学生の頃は、テレビっ子でした。今も好きです。「アルプスの少女ハイジ」「トムとジェリー」このふたつは、特に大好きな番組でした。ハイジごっこは、私がクララ役、妹はハイジ役で、農作業に使う四輪の押し車を車いすに見立てて近所をぐるぐる廻って遊んでいました。ひ弱な、お嬢様にあこがれてた。カナリアでなく、インコは飼ってました。

bara 037.jpg

 ハイジの歌の2番の歌詞のように、ハイジがおじいさんに、「燃えてる!山が燃えてる」っと感動して泣いているシーンがあります。

bara 033.jpg

 「何故山はあんなに真っ赤に燃えてキレイなの」とハイジが、おじいさんに聞くと、「また明日も私を忘れないでね」と 山が言っているんだよ。と答えるシーンがあるんです。

 今日は、まさにその日です。春の風物詩のひとつ 「薔薇色の山」の季節。夕方の5時半くらいからはじまりました。夕陽のショーは、太陽が沈んでしまってから、よりいっそう ピンク色に輝くんです。 毎年感動してます。こころが洗われる〜20分くらい燃えるかな〜
 うちの窓から見えるのですが、やっぱり外に出て撮りました。

 「ガンダーラ」も歌いたくなる〜
posted by ぽっぽ at 17:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 十勝岳連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

歩゚風里から見える山

 うちから見える山を紹介します。
renzan 034.jpg
 十勝岳連峰です。左側は大雪山に続いています。この姿を見ていると、心が洗われます!住んでいて本当に良かったと思える一日です。

mt furano  mt tokati 035.jpg
 一番高く見える右から富良野岳1912M 十勝岳2077m 
富良野岳は、花の百名山といわれ、7月末が一番花が多いかもしれません。十勝岳温泉の稜雲閣側から登って、初心者で登り3時間半、下り2時間半で、日帰り可能です。歩゚風里から登山口まで車で30分。

mt biei  mt bieifuji 036.jpg
 右から十勝岳(百名山) 美瑛岳2052m 美瑛富士1888m 

mt oputatesike  mt  038.jpg
 右から美瑛富士 オプタテシケ岳2012m トムラウシ山2141m 
くやしい2009年トムラウシの事件。命を預かるリーダーは勇気ある人だけになってもらいたい。自然に勝てるわけないんだから!

asahidake  033.jpg
 右に忠別岳1962m 旭岳2290m 北海道の最高峰です。旭岳ロープーウェイに乗って、山の麓まで行けます。そこから登ることができますが、結構ハードかも。
 ロープーウェイおすすめは、9月中旬が最高に美しく、「神々の遊ぶ庭」と言われている通りです。歩゚風里から、旭岳ロープーウェイ乗り場まで、車で1時間10分くらいです。

 十勝岳連峰の陰側は、新得、糠平、然別湖、足寄です。
 
posted by ぽっぽ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 十勝岳連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。